トップ

不動産投資は下調べが重要

不動産投資を始める

準備

不動産投資の準備に必要な資金

不動産投資をはじめるためには細かな注意や下調べが必要になりますが、もちろん購入のためにはある程度の資金の準備が必要になってきます。例えば銀行やローン会社でローンを組むための頭金は最低でも売買価格の2割程、購入時の諸経費は1割程必要と言われています。もし不動産投資を始める方は、価格が低い物件から購入する方がいいかもしれません。なぜかと言うと、価格が高い程頭金の割合が上がる場合が多いですし、その分購入時の諸経費も嵩みます。始めたばかりでは資金が乏しいですし、売買価格の低い物件、例えばワンルームマンションの一室などからしていくことをおすすめします。

資金の準備は最低2割

不動産投資をするために必要な資金の準備についてですが、これは売買価格の2割は必要だと考えておくべきでしょう。もちろんですがこれはケースバイケースで、実際にはもう少し安い場合もありますし、もっと高い場合もあります。多くの場合、ローンを組むことができますが、ローンの割合は8割くらいになることが多いです。ですから、自己資金として2割あると不動産投資を始めることができると考えられます。実際には諸費用などもかかりますから、これだけで完全に投資が行えるというわけではなく、諸費用の分だけ多めに準備しておくのが良いです。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産投資は下調べが重要. All rights reserved.