トップ / 収益不動産の価値を守る

収益不動産の価値を守る

価値ある収益不動産

準備

収益不動産の価値について

不動産の価値は、資産価値と利用価値の両面があります。資産価値は、土地の価格と建物の価格の合計ですが、収益不動産の利用価値はその収益力です。その収益力は、投資利回りとして評価します。投資利回りとは、年間の家賃収入を、投資金額に対する利回りに換算して計算します。 つまり、家賃が高い物件の価値は高くなり、家賃の値下げは物件の価値自体も下がってしまいます。 もしも、借り手から収益不動産の値下げ交渉を受けたら、家賃ではなく、礼金や更新料などの付随費用で対応したり、エアコンなどの住宅設備をサービスするのが有効です。

不動産投資には税金も重要

不動産投資を行っているサラリーマンも増えてきていますが、収益を計算する上で税金に関してしっかりと知識を身に着けておくことが大切になります。必要な経費については、計算されることは多いですが、固定資産税や不動産売買にかかる所得税等については、見落とされていることがあるので、不動産投資に失敗しないためには税金について勉強をすることが大事です。必要に応じて知り合いの税理士などに定期的にアドバイスをもらえると良いでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産投資は下調べが重要. All rights reserved.